>

ご近所トラブルを回避しよう

この記事をシェアする

近所に伝えておこう

近所の住民に、リフォームをするからうるさくなると伝えておかなければなりません。
両隣と、前後の住宅にあいさつをしておくと大丈夫でしょう。
あいさつに行く時は、タオルなど簡単な手みやげを持って行くことがルールです。
近所にあいさつすることを忘れると、リフォームが終わった後にトラブルが起こったり、孤立してしまうことが考えられます。

1人で行くよりも、工事の関係者と一緒に行った方が上手く説明できます。
あいさつに行く時間帯も考えましょう。
朝早くや夜遅くに行くと、迷惑だと思われます。
また工事が始まるギリギリになってから、伝えることはやめてください、
少し前に工事のことを伝えておくと、相手も心構えができると思います。

何を知らせておけば良いのか

ただリフォームをするとだけ伝えても、近所の人は困ります。
いついから工事が始まって、いつ終わるのかを伝えましょう。
あいさつに行っても、伝える情報が少ないと意味がありません。
具体的に伝えないと、相手は不信感を抱いてしまいます。
工事が始まる期間と終了する期間は、必ず伝えましょう。

また工事が終了する期間が決まっていても、予定より伸びてしまうことが考えられます。
その時は、工事が長引くと分かった時点で近所に再び伝えに行きましょう。
最初に聞いていた期間が過ぎたのにまだうるさいと、近所の住民は不審に感じます。
自分の評判が下がる原因になるので、予定が変わりそうだったらすぐ伝えにいきましょう。
すると近所との関係が友好になります。